フィルム製造方法の違い

安全ガラス フィルム貼り

染料によって均一に着色されたPET樹脂を使用し、高い透明性と耐久性を両立しています。経年変化による変色が極めて少なく、施工時の濃度を長期間維持することが可能な高品質カーフィルムです。

 

シルフィード ルミクールSD

透明PETフィルムを染料によって着色する製造方法です。色剤はPETフィルム表面から内部に拡散して存在し、PETフィルムの表層部から 中心部にかけて色の差が生じます。

 

ニュープロテクション

 

透明PETフィルムに顔料(インク等)をコーティングする製造方法です。

透明感は原着タイプより劣り、色褪せもはやいです。

 

安価なフィルムは顔料タイプの可能性があります。


参考価格

●軽自動車

16,000円~

●普通車

25,000円~

●ワンボックス

36,000円~

カーフィルムの様々な効果

1.断熱・省エネ

優れたカーフィルムには断熱効果があります。夏は太陽光の熱をさえぎり、冬は窓から車内の熱が逃げるのを防ぎます。

 

2.紫外線カット

人体に有害な紫外線。気を付ければいいのは夏だけではありません。美容のプロは、1年じゅう紫外線防止を意識しています。優れたカーフィルムは、UV-Bを99%カットし、紫外線からあなたを守ります。

 

3.プライバシー保護

車外からの視線をカット。車内からは良好な視界を保ちます。

 

4.傷つき・飛散防止対策

カーフィルムの表面に耐摩擦性の高いハードコートを施しているため傷つきにくく、万一ガラスが割れたとき、飛散防止効果を発揮し安全性を高めます。

 

5.イメージアップ

カーフィルムには、ベーシック・おしゃれ・個性的と種類があり、ボディカラーとの組み合わせで車のイメージをアップします。

 


ここに掲載させていただくと消費税サービスします!

カーフィルムの作業工程

      写真をクリックすると工程がわかります